アンバサダーを検索

文化的で便利な社交の場

台北市中山区に位置する台北アンバサダーホテルは交通アクセスも便利。国際的なホテルグループWorldhotelsデラックスホテルの認証を受けています。

市の中心地に位置するランドマーク的存在

新竹市の中心地に位置する新竹アンバサダーホテルは新竹サイエンスパークからわずか15分のファイブスターホテルです。

河のほとりの美しい宝石

美しい愛河のほとりに位置する高雄アンバサダーホテルでは都会の中でリゾート気分がご体験いただけます。

EN

アンバサダーについて

アンバサダー物語

アンバサダーホテルは1962年、台湾初の国際基準を満たしたデラックスホテルとして誕生しました。それとともに「アンバサダー」が高級な宿泊、台湾人のおもてなし、親切な心の代名詞となったのです。

その後数十年にわたって宿泊、お食事、会議、宴会、レジャーなど、さまざまな方面で台湾屈指の地位を築いてきました。

VIPの体験

アンバサダーホテルに宿泊すると、台湾人の親切な心とおもてなしがご体験いただけます。

アンバサダーホテル傘下のホテルはどれもその土地特有の芸術や文化を大切にしながら、それぞれの特徴を備えています。そして、お客様のことを第一に考えたサービスで快適なご宿泊やお食事の時間をお届けしています。

発展

1962年台北市の中心地に建築を進め、1964年オープン、台北アンバサダーホテルが台湾初の国際基準を満たしたデラックスホテルとして誕生しました。台湾の観光業をリードするという使命のもと、アンバサダーホテルはその後、1981年に高雄アンバサダーホテル、2001年に新竹アンバサダーホテルと、2つのファイブスターホテルをオープンしました。

2012年、創業50年を迎えたアンバサダーホテルは新しいホテルブランドのambaをオープン、さらなる発展に向かって邁進しています。

アンバサダーブランドの拡充と成長

現在、アンバサダーホテルグループはブランド傘下にアンバサダーホテル、ambaといったホテルのほか、A CUTステーキハウス、などのレストラン、Corner Bakery63などを有し、台湾のホテルと飲食業界で確固たる地位を築いています。

アンバサダーホテル傘下のホテルやレストランについて、もっと見る。